バターロールケーキ

今週末にロールケーキを作ります。

皆様ご存知だと思いますが、PECHEのロールケーキはバタークリームのロールケーキです。

12日(土)と13日(日)。1本¥900(税抜き)

お取り置き承ります。

 

 

シュトーレンのご予約受付開始

お待たせしました。PECHEのホームページがやっと稼働し始めました。これからはこちらのブログで、商品のご案内、小話?などなど更新していきます。

さて、デパートではもうクリスマスケーキのご予約受付を開始していますね!暑い夏が終わったらもうクリスマス、って早い!!

その前に、PECHEでは今年もシュトーレンを作ります。楽しみにしてくださるお客様が年々増え、それに伴い作る本数が増え、うれしい悲鳴です。

去年は250本ご用意しましたが、ありがたいことに12月を待たず完売しました。今年は作り手も増え、オーブンも増え、500本ご用意することにしました。

サルタナレーズン、ドライチェリー、自家製オレンジコンフィ(ノンケミカルオレンジ使用)。500本分を3種類のブランデーに漬け込み、時が美味しくしてくれるのを待ち、11月中旬から焼き始めます。

これらのドライフルーツの他、3種類のナッツを加え、ぎっしりどっしり焼き上げます。スパイスやレモン、バニラの香りが調和し、華やかなクリスマスを待ちわびるにぴったりな、贅沢なシュトーレンです。

今年は11月23日(水)から販売開始です。1本¥2600(税抜き)(バニラビーンズの大幅な価格高騰により、去年より100円値上げさせていただきました。ご理解いただければ幸いです。)

本日より、ご予約受付開始です。お電話お待ちしております。

今までと、これから。

「これ、売ってみたら?」
父の一言から、すべては始まった。
11年前の夏、東京から帰ってきた私は挫折感でいっぱいだった。
憧れたパティシエ。
しかし現実は厳しく、東京での生活は3年半で幕を下ろした。
あまりの重労働で体を壊し、自分には無理な世界なのだと悟った。
迎えに来てくれた父と母。
八王子インター。帰りの中央道。
「東京生活最後の日って、今日のことだったんだ・・・」とぼんやり思った。
実家に戻り、とりあえず自動車教習所に通いながら、毎日求人広告を見ていた。
何ひとつ、心を動かされる求人がない。
やりたいことも、やれることも、ない。
”季節は決して、より良く変わったりはしない”
気づけば、赤とんぼが飛んでいた。
ヒマだ。
ヒマだし、久しぶりに、なんとなく、クッキーでも作るか・・・。
実家のオーブンを使うのは高校生以来。
いつもオーブンの前に座り込んで、ワクワクしながら膨らんでいく生地を見てたなあ。
あの頃より、手際も出来もよくなっているのが嬉しかった。
バニラクッキーとパルミエ(源氏パイみたいなやつ)を作った。
母が食べた。父が食べた。
「これ、売ってみたら?喫茶店とかに営業したりしてさ。」
まさか、これで生活できるようになるとは思わないけど、
サンプルをもって何軒かのお店に行ってみた。
片道1時間自転車をこいで、週2回知人の美容院で販売させてもらった。
カフェでアルバイトもしてお金を貯めた。
そして、小さな黒板を置いて、ここは小さなお店になった。
あの頃の自分を思い出しては、心の中で抱きしめる。
「ふ~ん」とひとこと、がっかりしたように帰る人。
「おいしかった!」とまた来てくれる人。
今とは違い、情報がネットで瞬間的に拡散したりしない時代。
少しづつ、少しづつ、”まさか”が現実になっていった。
パリへ行ったのは、店を開いて2年半たったころ。
1年間お店を閉めることより、行かずに終わることのほうがこわかった。
履歴書を手に、8軒のお店を回った。
1軒だけ「おいで」と言ってくれた。MOFの店だった。
地方出身のフランス人たち、アルジェリア人、チュニジア人、そして日本人。
パリの人が一人もいない、パリのパティスリー。
始業も終業も、握手で始まり、握手で終わる。
日本のパティスリーとはまるで違う人間関係。素材、表現。
枠がどんどん壊れた。
遊ぶように働いた。
人生の中で、振り返ればいつもキラキラと輝く日々を生きている、と実感していた。
日本に帰ってきて5年がたつ。
結婚して、子供も2人になった。
何かを得るために何かを捨てなければいけない時、
「いや、どちらも諦めない方法がきっとあるはずだ」と自分に言い聞かせてきた。
しかし、理解してくれる家族やスタッフ、お客様に、自分はいっぱい支えてもらっているに過ぎない。
いつも恩返しをしたいと思いながら、お菓子を作ることが恩返し!なんて都合のいいことを思っている。
今ここを見渡せば、あれにもこれにも思い出があり、静かに、私に幕を下ろされるのを待っている。
ありがとう。
またやってみたいことができたの。そして、もっと楽しいほうへ行く。
かつてオーブンの前でワクワクしながら座り込んでいた私を連れて。
ここは8月16日で終わります。
9月4日からは新しい場所で。
9/4より:岐阜市福光東1-19-2
      058-374-1502
      10:00~19:00(定休日:水・木)
(8月のおやすみ:2、3、4、9、10、17~9/3)

ネクタリンのタルト

おうちに夏休みのお子様がいる世のお母さま達、お疲れ様です。
あるお母さまは昨日、「な~んにも進んでかへん!!」とおっしゃっていました。
おうちにお子様がいると、なかなか出かけられないし、お子様の分も買わなきゃならないし・・・というわけで、PECHEは1年で一番の閑散期に入りました!
みなさま、かき氷もいいけど、こってりお菓子もいかがですか!
そんな時期にも、おいしい果物はご機嫌で旬を迎えます。
ネクタリンもその一つ。
今年も長野からネクタリンが届きました。
早速明日からタルトを作ります。8月16日までの販売です。
ぜひどうぞ。