ピスタチオのエクレアと、メロンのショートケーキ

ショーケースのラインナップがどんどん変わっています。

IMG_0423

去年もお出ししていたメロンのショートケーキ。

国産のメロンがいろいろ出回り始めました。

その時々によって、種類は違います。

桃の季節までは、メロンです。

こちらはわりとすぐに売り切れてしまいますので、早い時間かお取り置きがおすすめです。

IMG_0412

こちらはピスタチオのエクレア。

おすすめです。私、大好きです。

ココアのシュー生地に、チョコレートのカスタードとグリオット(さくらんぼ)のコンフィ、クレーム・ディプロマットを詰めて、ピスタチオのクレーム・シャンティ・ショコラブラン(ホワイトチョコレートクリーム)を絞りました。

ピスタチオはイタリア産の100%ピスタチオのみのペーストを使っています。しっかり、本物のピスタチオの風味を味わえます。

*ミルフイユ・プラリネが明日(金)でいったん終了となります。あさって(土)~9月末までは、プレーンなミルフイユ・クラシックになります。このミルフイユ・クラシック、今年は改良を重ねまして、特にパイ生地が美味しくなっています。ご注文をお受けしてからクリームを絞ります。

*PECHEがインスタを始めてます。”タイムリーな情報を・・・”と書いてあるのに全然タイムリーじゃなかったりするんですけど、このブログとはちょっと目線を変えてます。なぜなら、ブログは私(店主)、インスタはスタッフが更新しているからです。新しい商品の紹介はもちろん、PECHEのまかないや、裏側が見れちゃったりするのかな・・・?

スタッフから見た、PECHEが見れるはずです。

コーヒーゼリーと、苺のヴェリーヌ

IMG_0390 IMG_0392

今週末は暑くなるみたいです!

PECHEではグラスデザートほ販売が始まりました。

<コーヒーゼリー>

コーヒーは山田珈琲さんのビターローストを使用。

構成は上から、コーヒーのクレームシャンティ、コーヒーのメレンゲ、シュトロイゼル、クルミのブランマンジェ、コーヒーゼリーです。

全てきびざとうを使っています。

8月末までの販売。

<苺のヴェリーヌ>

いつもお世話になっている苺農家さんから届く小粒の苺でソースを作り、フロマージュブランのムースと合わせたさわやかなヴェリーヌです。

上から、ホワイトチョコレートのシャンティショコラ、ナッツのメレンゲ、フレッシュ苺、苺とフランボワーズのソース、フロマージュブランのムース。

去年と変えているところは、上のクリームが生クリームからシャンティショコラになっているところ。味わいがアップしています。

苺が採れなくなるまでの販売です。

*4月20日から、自家製アイスクリームのアフォガートとコーヒーフロートが始まります。

オペラと、ファーブルトン

新しいお菓子が2つ登場しています。

カテゴリーは、「私が追い求めるクラシカル」シリーズから。

一つ目は、オペラ。

IMG_0374

コーヒーのバタークリームと、チョコレートのガナッシュ、ビスキュイ・ジョコンドと、そのビスキュイに溢れるほど浸み込ませたコーヒーシロップ。

この4つの要素を一つでも外したら、私が追い求めるクラシカルなオペラではないのでありまーす。

このお菓子はパリ・オペラ座をイメージして作られたもの。

私はこのお菓子を、約5年追いかけ続け、作ってはやめ、作ってはやめ・・・。ようやく、ショーケースに並べることにしました。

コーヒーは主に山田珈琲さんのものを使用。そして深いワインのような余韻のある、また、スモーキーで落ち着いた風味のビターチョコレート(カカオバリー)のガナッシュ。

今まで、セオリー通りに作っても、どこがどうで納得がいかなかったのかは書ききれません。(書いてもきっとマニアックなのでなんのこっちゃです。)とりあえず、まずは1度、目を閉じてオペラ座を思い浮かべながら、pecheのオペラをご賞味ください。(6月いっぱいまでは作りますが、7月以降は暑いのでお休みするかもしれません。)

2つ目は、フランス・ブルターニュの郷土菓子、ファーブルトンです。

IMG_0376

こちらは素朴な焼き菓子。

ラム酒付けプルーンが入っており、生地の原材料は主に卵や牛乳、小麦粉、粗糖、バターなどのシンプルなもの。食感は、表面は多少カリッとしており、中はもっちり。(カヌレに似ています。)口にほおばった時の、ふわっとした優しい香りにこだわっています。その美味しい香りが一番楽しめる焼き立てが断然おすすめ。

毎朝、10時ころに焼きあがります。

以上の2つのお菓子が登場する代わりに、終了したお菓子もありまして、苺ショートと苺タルトが今年の12月下旬までさよならです。ラインナップから苺が消え、春だというのにpecheのショーケースはまたしても茶色一色。繊細さのかけらもない私の母に、「うんこ色のショーケース」と言われながらも、この色合いこそが私の愛するお菓子の色なのだと、幸せな気分でうんこ色のお菓子たちを眺めています。

 

ひな祭りケーキ

ひな祭りケーキ。の前に、2つお知らせ。

●寒波の影響で販売が遅れておりましたオランジェットですが、17日(土)から販売開始です。

国産オレンジ20キロ分を漬け込みまして、なくなり次第終了です。

●16日(金)は臨時休業の予定でしたが、10時~15時まで営業いたします。ケーキの販売と、カフェの営業はありませんのでご了承ください。クッキー類、チョコレート菓子類がお買い求めいただけます。また、その日はスタッフの人数が少なく、販売担当は一人ですので、お時間をいただくことがあるかもしれませんがご理解ください。

さて、本題のひな祭りケーキです。

今まで特にひな祭りケーキはやってこなかったのですが、先日ふと気づいたら、娘にひな祭りケーキを作ろうと考えている自分がいました。

せっかくなら、皆様にもお買い求め頂けたらと思い、ご予約のみで販売することにしました。

PECHEらしいひな祭りケーキってどんなだろう・・・可愛く、可愛すぎず・・・。

IMG_0298

結局可愛いですね。

よかったら、お嬢さんの節句にどうぞ。

(”おひなまつり”のプレートのみ、写真とデザインが若干変更になる予定です。)

12cm(4号) ¥2500

15cm(5号) ¥3500

18cm(6号) ¥4400 全て税抜き価格

お渡しのお日にちは3月3日以外にもお選びいただけます。ご希望のお日にちをお知らせください。

 

お知らせ

<オランジェットについて>

本年は寒波の影響により、国産オレンジの入荷が大変遅れております。よって、オランジェットの販売は当初2月上旬からの予定でしたが、2月中旬以降になります。

<トリュフセットについて>

本日から販売開始のトリュフセットですが、当初予定しておりました内容量と価格を変更させていただくことにしました。

変更前:3種類 各3個入 ¥1800

変更後:3種類 各4個入 ¥2100

IMG_0291

当初の予定個数ですと、「やっぱり若干、箱の隙間が気になる・・・」とスタッフに指摘を受け、1個づつ増やしました。

すでにご予約をいただいたお客様に関しては、当初の予定通りの価格で販売させていただきます。

告知した内容からの変更、大変申し訳ありません。

お値段は上がりましたが、よりお買い得にはなっておりますし、なによりとても美味しい(自負)ので、この機会にぜひどうぞ。

続・Saint-Valentin 2018

前回のブログで、作ろうか迷っているものがあると書きましたが、作ることにしました。

私の大好きなドモーリ(イタリア)のビターチョコレートの生チョコ。

またまたそんなもの作って、超個人的趣味じゃん。と言われそう。

産地別の3種類のチョコレートを、それぞれ生チョコレートにしたセットです。

つまり、1箱に3種類の生チョコレートが入っています。

他に無いほどの口どけの良さを持つドモーリのチョコレート。

そのチョコレートを使った生チョコレートもやはり極上の口どけ。

そして、それぞれのチョコレートの味わいや香りの違いを楽しめます。

2月3日(土)から販売。

9個入り(3種類×3個) ¥1400(税抜き) 50箱限定

お日持ち:1週間  ご予約可