秋の気配

今日はなんてさわやか!気温は高いですが、秋の気配がしますね!私の大好きな季節がやってきます。

お菓子のラインナップも、少しづつ秋の気配が漂い始めました。

まず、秋の桃、昭和白桃が飛騨の宮代さんから届きました。

私が一番好きな桃です。

身がしっかりしており、繊維のきめが細かく、水分は少なめ。酸味があり、甘味もしっかりあり、香りが良い。食べ終わった後の、鼻に抜ける残り香にうっとりします。

今日から桃のショートケーキに使ってます。

短い期間の果物ですので、気になる方はお急ぎを。

宮代さん、今年もありがとうございます!ネクタリンも楽しみにしています。

IMG_0497

もう一つは、今年も出ましたイチジクタルト。

IMG_0495

毎年出しているものなので、ご存知の方も多いはず。

岐阜市産のイチジクに、マロンの味を組み合わせたタルトです。

マロンのクレームダマンドを詰めたタルトにイチジクをのせ、マロンのクレームシャンティを絞り、シナモンをかけました。9月いっぱい頃までは、このイチジクタルトで、10月ころからは焼きイチジクタルトにかわります。

*ブルーベリータルトは終了しました。

*モンブランは9月から販売予定です。

*コーヒーゼリー、ヘーゼルナッツのブランマンジェはもうすぐ終了です。

*9月に、限定でプレーンのバターロールケーキの販売を予定しています。日にちが決まりましたらまたお知らせします。

クッキーの日付ミスのお知らせ

本日午前に販売した、リュンヌとラムのクッキーの賞味期限が、本来8月4日としなければいけないところ、誤って12月22日と記載されておりました。

お買い上げいただいたお客様がこのブログを御覧になってくださることを祈って・・・。

大変申し訳ありませんでした。

宮代さんの桃

IMG_0473

飛騨、国府町上広瀬の宮代さんから、今年も桃が届きました。

早生の、日川という品種だそうです。

これがまた、大変美味で!

私がショートケーキにしたい桃どんぴしゃです。

一般的な白鳳と比べると、身がしまって水分は少なめ、少し酸味があり、甘味と香りも良い。

切ってみると身はとても赤く、見た目にもおいしそうです。

今のところ、日川で、もう少ししたら白鳳になります。

9月上旬ころまで、宮代さんの桃を使ったショートケーキが並びます。

IMG_0475 IMG_0474

今の、生菓子のラインナップ。

おしりシュー、ガトーショコラ、フロマージュクリュ、フォンダンショコラ、桃ショート、ブルーベリーとブラックベリーのタルト、ヘーゼルナッツのブランマンジェ、ピスタチオのエクレア、ほうじ茶のロールケーキ、コーヒーゼリー、ミルフイユ・クラシック、ナッツのムラングシャンティ

カフェの営業時間

7月より、カフェの営業時間を変更いたします。

17時オーダーストップ、17時半カフェ営業終了です。

テイクアウトは、今まで通り19時までやっていますのでご利用くださいませ!

ほうじ茶のロールケーキと、プラムのタルト

梅雨入りしましたね。ムシムシ感が加わってきました。

実家のほうでは、蛍が見られ、カエルも大合唱。

以前名古屋から泊まりに来た友人は、「カエルがうるさくて眠れない」と言っていましたが、うちの子供たちのほうがよっぽどうるさい。

そんな季節は、一般的にお菓子屋さんはオフシーズン。

それでも毎日仕事に追われているのですが、新しいお菓子もあれこれ挑戦してみたくなるもの。

そんな中、2つ新作が出ました。

ほうじ茶ロール

<ほうじ茶のロールケーキ>

ここ2年程あたためていた構想が、やっと形になりました。

今までずっとバタークリームのロールケーキを作ってきたのですが、そろそろ違うタイプのものを作ってもいいよ、と自分が許してくれました。

配合は2年前からなんとなく決めていたのですが、つい最近これ!といったほうじ茶に出会い、完成に至りました。

銀座・うおがし銘茶の新茶のほうじ茶はお値段はお手頃ながら、袋を開けた時の香りがまるでミルクチョコレートのように甘く香ばしく、私の理想でした。(うおがし銘茶の煎茶も、どれも美味しかった。)

クリームは、一般的な生クリームではくちどけが柔らかく暖かすぎて私の理想ではなく、ある意味口どけの重さと舌に感じる冷たさがほしいことから、シャンティショコラブラン(ホワイトチョコレートを使ったクリーム)にしました。

ほうじ茶を煮出した生クリームとヴァローナのホワイトチョコレートを合わせて、2日間冷蔵庫で寝かせます。

スポンジは、粗糖の優しい甘みと風味が、ほうじ茶の香りを引き立てます。シャンティショコラと一体感があり、同じスピードで溶けるよう配合や焼成を調整しました。

なーんて色々書きましたが、何にも考えずにただ楽しんでいただければ嬉しいです。「なんでかわからないけど美味しい!」って言ってもらうのが嬉しいのです。

こちらはカット売りのみ。1カット¥400(税抜き)

プラムのタルト

<プラムのタルト>

こちらは今が旬のプラムのタルト。

プラムのどこに惹かれるかって、あの酸味と、色と、大衆受けはしないってとこ。(大衆受けしてたらごめんなさい。)

このプラムを、パイ生地のタルトにアーモンドクリームと共に詰め、シュトロイゼルと、アーモンドと砂糖(カソナード)の生地をかけて焼きます。

このアーモンドと砂糖の生地は、仏・アルザスの郷土菓子からヒントを得たもので、食感の楽しさと、シナモンとプラムの香りの調和が、このタルトの完成度を上げてくれているように思います。

この時期だけの美味しさをぜひどうぞ。

*今週金曜日から、ヘーゼルナッツのブランマンジェが出ます。