昭和白桃のショートケーキ

IMG_0222

桃の名産地、飛騨は上広瀬の宮代果樹園さんの昭和白桃。

去年頂いてとても美味しかったので、ショートケーキ用に購入すべく問い合わせたところ、去年はシーズンが終わってしまっていました。

1年待って、今年届いた念願の宮代さんの昭和白桃。

今週金曜日と土曜日に、ショートケーキに使います。

お取り置き承ります。

*もうすぐ秋ですね。モンブランは9月1日から始まります。

 

昨日(7月11日)にメロンのショートケーキを買われたお客様へ

昨日、カフェにてメロンのショートケーキをお召し上がりになられたお客様が帰られた後、お皿にメロンのみが残されていました。

悪い予感がし、メロンを食べてみると、固い。

この日ショートケーキを買われたお客様にとても申し訳なく、そして私の目が届かなかった監督不行き届きを心から反省しました。

店舗の移転後、スタッフが増え、全員が同じイメージを共有しながら仕事をしていくことの嬉しさ、と同時に難しさも感じています。

今回、メロンを残してくださったお客様の、この貴重なメッセージに心から感謝しております。

理想のお店作りは終わりがなく、スタッフの「いいものを作りたい」という想いを形にする私の役目にも終わりがありません。

7月11日にショートケーキを買われた方はレシートをお持ちください。せめて、ご返金させて頂きたく存じます。

 

 

タルト・ケイコロン

ケーキ4つ

写真右から2つ目が、本日から出ましたタルト・ケイコロンです。

あれ?これって、数年前にもあったバナナとコーヒーのタルトじゃないの?

そうです。それが、味わいをバージョンアップして再登場です。

タルトの中には、軽くソテーしたバナナ。上には、コーヒーの香りを移したシャンティショコラ・カフェ。

その間にあるのが、サブレ・ケイコロン。このサブレが、このタルトの要。

このサブレの名前の由来は諸説あり、ケイコさんという人が粉を計り忘れて生地を仕込んでしまったが、焼いてみたらとても美味しく、マコロンのような食感で、シェフが気に入ってこう命名したとか・・・。

まあ、真偽のほどは定かではありませんが、このサブレにちなんで、タルト・ケイコロン。

なんとなく言うのが恥ずかしい方は、「バナナのタルト」と言って頂いてもOKです。

*写真左から、ピスタチオのパリブレスト、ミルフイユクラシック、タルトケイコロン、グレープフルーツのタルト。

夏のお菓子、いろいろ。

ここ1か月ほどで、ショーケースの中のラインナップががらりと変わっています。

最近出たものをご紹介します。

●ピスタチオのパリブレスト

ピスタチオのパリブレスト

さわやかな緑が美しいピスタチオクリーム。シシリー産とイラン産をブレンドし、自家製ペーストにしたものを使っています。もちろん無香料、無着色。

シュー生地の中には、グリオットコンフィ(サクランボ)、クレーム・ディプロマット(おしりシューのクリームと同じです)。

暑い時期でも、1個ぺろりと食べられる、夏限定のパリブレストです。

(通常のパリブレストは夏季お休みです。)

●ミルフイユ・クラシック

カスタードクリームのみをサンドした、シンプルでクラシカルなミルフイユ。

フランスのブラウンシュガー、カソナードのみで炊いた、ミルフイユのためだけのカスタード。

クリームの風味、甘味、テクスチャーと、香ばしく焼かれたパイのコラボをお楽しみください。

ご注文後、クリームをサンドします。

(ミルフイユ・プラリネは夏季お休みです。)

●ヘーゼルナッツのブランマンジェ

皮付きヘーゼルナッツをローストし、牛乳に漬け込んで香りを移し、きび砂糖や生クリームを加えてブランマンジェにしました。

グラスの底にはフランボワーズソース。

上にはヘーゼルナッツのシュトロイゼルで食感を。

●グレープフルーツのタルト

パイ生地のタルトに、ピスタチオのクレームダマンドを詰め、グレープフルーツと、オレンジを焼きこんだタルトです。

さわやかな酸味と香り、パイの食感の軽さ。

こちらも、夏季限定です。常温の商品です。

(ノンケミカルのグレープフルーツとオレンジが手に入らない場合はお作りしません。)

 

 

 

Merci Maman!アラカルト

母の日。

皆様の大切なお母さまのために、心を込めて焼きました。

ハートのグラース、きび砂糖のフィナンシェ、チョコアーモンドクッキーのセットです。

¥500(税抜き)IMG_0169